FC2ブログ

あすみんの楽しく節約~使える情報~

日々の節約、使える情報、アンケートサイトなどお得で役立つ情報を発信していきます。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 資産運用講座
CATEGORY ≫ 資産運用講座
≪ 前ページ       

資産運用講座③外貨預金について

ブロ友さんのリクエストにお答えして、外貨定期預金について、数回にわけて、記事にします。

カテゴリは、「資産運用講座」にまとめていきます。


外貨預金について、3回目の講座です。


前回までの講座で、外貨預金をする為には、円を外国通貨にするために、公示中値+為替手数料が必要なんだ、ということがわかりました。


4.為替手数料以外に、他に何か手数料はかかるの?


かかりません。


5.じゃあ税金はどうなってるの?


利息に対して、税金はかかります。日本の円預金と一緒ですね。

外貨定期預金の税金は一律20パーセント(所得税15%住民税5%)です。

その他に、かかる可能性があるのは、為替差益に対する税金です。

為替差益というのは、単純に、円を外国通貨に交換し、また外国通貨から円に戻した時の差額の利益のことを言います。

つまり、外国通貨を、円に両替することによって、生じた利益のことを為替差益、といいます。


為替差益に対する税金は実質、「非課税」と言われています。


が。


実は、厳密にはそうではありません。


為替差益は、「雑所得」として、確定申告で申告し、総合課税されます。


ただし、年収2000万円以下の給与所得者で、給与所得、退職所得以外の他の所得と為替差益とを合算した金額が、年間20万円以下の場合は申告不要なのです←これが、実質非課税と言われている所以です。


ちなみに、もし、逆に為替差損が出てしまった場合はどうでしょう?

この場合は、他の雑所得があれば、損益通算ができます。

雑所得があって、課税されている人なら、確定申告にすることによって、払った税金を返してもらうことができます。

ただし、他の所得とは損益通算できません。

ここは、あまり覚えなくていいです。

なぜって、「雑所得」じたい、ある人って、チョー少ないんで・・・

雑所得ってね、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得をいうんです。

ひらたーーーく言うと、年金貰ってる人は、雑所得です。


でも、そんな人、あすみんのブログ、見てないでしょ(笑)


わかりましたか?


じゃあ、続きはまた明日ね♪



↓ランキング参加中です。お手数ですが、ポチっと応援してくだされば励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村





 

資産運用講座②外貨預金について

ブロ友さんのリクエストにお答えして、外貨定期預金について、数回にわけて、記事にします。

カテゴリは、「資産運用講座」にまとめていきます。


外貨預金について、2回目の講座です。


前回は、為替とはなんぞや、から、TTS、TTB、TTMという言葉について、勉強しました。


外貨預金をしたい時は、TTM(公示中値)が、適用されます。

3.為替手数料

例えば、本日の豪ドルが、82.47円から 82.53円だとしても、その銀行の公示中値が、81.65円だとしたら、81.65円で円を豪ドルに交換することになります。

ここで出てくるのが為替手数料です!!

交換レートが公示中値というのは、わかりました。

じゃあ、この81.65円出せば、円を豪ドルに替えてくれるの??

替えてくれません(笑)

銀行も、儲けたいっっ!!(笑)

だって、外貨に交換してあげるのに、サービスじゃできないよ~。

『ちょっと手数料ちょうだい』っていうのが、「為替手数料」なんですね。

これは純粋に銀行に取られちゃいます。


しかも、この為替手数料は、各銀行によって、まちまち。違うんです。


円を外貨に交換するのに手数料を取られるなら、為替手数料の少ない銀行で取引したいよね?


為替手数料の安い銀行は、インターネットで調べればすぐにわかりますので、ここでの紹介は省きます。


ここで抑えていて欲しいのは、外貨預金をしようと思ったら、TTM(公示中値)+為替手数利用がかかるということです。

そして、また元の円に戻す時も、為替手数料は取られます。

一般的に「往復いくら」というふうに表現されます←円から外貨に交換して、また円に戻すことから「往復」と言われているのです。


例えば、公示中値が、81.65円の時に、豪ドル預金をしようと思ったら、交換手数料が40銭かかったとします。

つまり、81.65円のものを、82.05円出さないと買えないと思って下さい。

逆に公示中値段が81.65円の時に、円に戻したとしてます。

今度は逆に、81.65円の豪ドルを売ったと思って下さい。

すると、今度は、円への交換手数利用として40銭引かれますから、81.25銭しか戻ってきません。

80銭、損ですよね。


でも、これが外貨預金をする時の、為替レートの仕組みなんですよ。

わかりましたか?

続きは明日ね♪



↓ランキング参加中です。お手数ですが、ポチっと応援してくだされば励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村





 

資産運用講座①外貨預金について

ブロ友さんのリクエストにお答えして、外貨定期預金について、数回にわけて、記事にします。

カテゴリは、「資産運用講座」にまとめていきます。

また、記事を数回に分ける理由は、一度に全部書くと、めちゃめちゃ長い記事になるからです(^^;)

更新時間は、今日から、毎日18時とさせて頂きます。

興味のある方は、見に来て下さいね。

なるべく、わかりやすく書いていきたいと思いますが、わからないことがあれば、その都度、コメント欄からご質問して下さい。


まず、為替の説明をします。

為替というのは、円を外国の通貨に換算したら、いくらの価値なるの? というもので、その国の信用度、人気度を表す、ひとつの指標だと思って下さい。

そして、これは毎日変動します。


例えば、信用度の高い人には、お金を貸してあげてもいいげと、信用度の低い人には、お金を貸してあげたくないですよね?

今、日本は円高です。

米国はリーマンショック以来、通貨の値打は下落←通貨の人気が下がってる。

ユーロ圏はギリシャ問題から、通貨の値打ちは下落←通貨の人気が下がってる。

そのしわ寄せが日本に来てます。

全世界からみると、日本の「円」は、比較的、信用度が高くて、人気なのです。

なので、「円高」になっているわけなんですね。


その「円高」の意味から説明します。

例えばここに一本100円の鉛筆があったとします。

通常であれば、一本100円ですから、こちら側は100円を受け取って、鉛筆を渡して取引は成立します。

でも、一本100円で売れていた鉛筆が、ある日、80円でしか売れなくなってしまいました。

原因はいくつかありますが、買ってくれる人の経済状況がよくなくて、80円にしないと、買えなくなったからです。

売る側からすると、100円で売れていたものが、80円になってしまうので残念です。

でも、在庫で持っておくより、少しでもいいから、お金に替えた方が、嬉しいですよね?


それが今の日本の輸出企業が置かれている立場なんです。

今まで100万円で輸出できていたものが、80万円でしか輸出できなくなった。

日本は製造業で伸びてきた国ですから、円高になると、輸出企業は苦しいのです。


逆に、一本100円で売れていたものが、ある日120円で売れるようになりました。

輸出企業に置き換えると、今まで100万円で輸出していたものが、120万円で輸出できるようになります。

利益が膨らみますよね?

この状態を「円安」といいます。


では、輸入企業はどうでしょう?


円高になると、今まで100円出さないと買えなかった鉛筆が、80円で買うことが出来ます。

嬉しいですよね?

なので、「円高セール」が出来るわけです。

安く輸入できたから、消費者に安く商品を売ることが出来るんですよ。わかりますか?


では、次から本題に入ります。


1.外貨預金とは

外貨建ての預金のことで、取扱いの通貨は、各金融機関によって、違います。
また、外貨定期は、満期時までの金利が預入時に適用される、固定定期預金です。

2.言葉を知ろう! TTSとTTBとTTM

なんじゃ、これは。

はい。初めての方はそれでいいんですよ~。

ここでイメージして頂きたいのですが、日本は今、0%金利政策をとっていますね。だから、銀行の円預金の金利も、0.2%とか、0.08%とか、めちゃくちゃ低いです。

では、外国はどうでしょう。

例えば、オーストラリア。

通貨名称は「豪ドル」と言います。

本日現在、オーストラリアの政策金利は、4.25%あります。すごい高いよね~。

この国へ行って、預金したら、4%近い金利で預金できるんですよ。

魅力ですね。

でも実際にオーストラリアへ行って、銀行口座を開設して預金するなんて、できないですよね(^^;)


でも、そういうことが、日本国内にいて「簡単に出来る」のが、外貨預金だと思って下さい。


つまり。


自分が持ってる円を、自分が預金したい国の通貨に交換して、預金する。通貨を替える、ということです。

その通貨を円から、豪ドルに交換する時の為替レートのことをTTS(Telegraphic Transfer Selling Rateの略だけど、覚えなくていいよ)と呼びます。日本語では、対顧客電信売相場といいます。←覚えなくていいです。


でも、豪ドルに交換しても、日本では豪ドルでは、何も買えないよね。流通してないもんね。


だから、豪ドルで定期預金して増えても、やっぱり円に戻して貰わないといけないよね。


それがTTB(Telegraphic Transfer Buying Rateの略です)と言います。日本語では、対顧客電信買相場といいます。←覚えなくていいです。


そして、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rateの略)というのは、仲値(なかね)のことをいいます。


よくニュースで、「今日のアメリカの為替相場は、76円80銭から95銭です」なんて言葉、聞いたこと、ありませんか?


預金する側からしたら、曖昧ですよね。


76円80銭で預金できるのか、76円95銭で預金できるのか、どっちやねんっってなりますよね。

ちゃんと決めてよ!!

と、いうのが、TTM、日本語では公示中値と言って、この為替レートを基本に、円を交換したい国の通貨に交換するわけです。

以前は全銀行一律で、対顧客相場が決定されていましたが、現在は、各金融機関が独自の基準で設定できるようになっています。

なので、この公示中値も、銀行によって、同じ通貨でも異なるんですよ。


わかりましたか?

では続きは明日ね(^^)



↓ランキング参加中です。お手数ですが、ポチっと応援してくだされば励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村



プロフィール

あすみん1021

Author:あすみん1021
FC2ブログへようこそ!

節約や節約レシピ、お得な情報や美容情報など、私が生活に取りいれている情報を皆さまに提供していきたいと思います。寄る年波に抵抗し続ける有職主婦。外観マイナス10歳を目指して、日々努力中です!!

フリーエリア
お勧めポイントサイト&アンケートサイト
↑ こちらから登録すると、すぐに300ポイントゲットできます(^^) チャンスイットでお得生活 ↑ 登録して10日以内に300ポイント貯めると、1000ポイトンのボーナスポイトンがあります! ↑ ここから登録すると、250ポイントゲットできます(^^) ↑ こちらから登録すると、30ポイトンゲットできます(^^) マクロミルへ登録 ↑ こちらから登録すると30ポイトンゲットできます(^^) ライフメディアへ登録 ↑ 毎日の五回の検索、アンケートの回答でポイントが貯まります(^^) NTTコム リサーチモニターに登録!
↑ アンケート調査の報酬が高いです。すぐに貯まりまます。おすすめ(^^) ↑ 配信されてくるCMを見るだけで、ポイントが貯まります。楽です。 新規モニター登録 ↑ 毎日のようにアンケートが届きます。報酬も高めなので頑張りたい方にはお勧め♪ ↑ ECナビとタイアップしてます ↑座談会が好きな方にお勧め! ↑ 定価の三分の一程度で新商品買えちゃったりします。また貰えちゃうことも・・・毎日チェックしたいサイトです。

フルーツメール
↑ 毎日五回検索と、ゲーム、動画検索等でをポイントが貯まります。懸賞好きな方にも充実した内容になっています。 ↓ブランド買い取り専門店『ブランディア』です。 お友達紹介キャンペーン ブロガー向き。コスメのお試しサイトです ↓ 商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!
フリーエリア